残り溝・傷・偏摩耗チェック

2014.5.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

車のトラブルの中で多いのが、タイヤのパンクです。 タイヤのパンク自体は、自分で治すことも出来ますし、車によってはスペアタイヤを積んでいるものもあります。 ただし、できることであればパンクトラブルなどというのはないほうが良いもの。 では、そういったトラブルを防ぐために、日ごろからできることはあるのでしょうか。

それは、残り溝・傷・偏摩耗チェックをすることです。 タイヤには溝があります。 この溝があることで、雨の日でもその溝から水をかきだす事が可能となります。 しかし、あまり溝がなくなってしまうと、水をかきだす能力が衰えてしまい、滑りやすくなります。 タイヤのある場所に、残りの溝の深さを測るスポットがあります。 それが露出していると、残りの溝がなくなってきているサインです。

タイヤの傷もチェックしておかないといけません。 タイヤというのは、路面に接している部分というのは比較的強いのですが、サイドはあまり厚くありません。 ですので、特にサイドに何かキズができていないかをチェックしてください。

そして偏摩耗も注意が必要です。 摩耗具合というのは、本来は一定でないといけません。 それを一定にするためにも、タイヤのローテーションをしておきましょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。