応急タイヤチェック

2014.5.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自動車を運転しているとき、突然車両に異常が起こり、走行ができなくなるといったケースは少なくありません。
こうしたトラブルは様々なものがありますが、その中でも、タイヤに関するトラブルは非常に多い傾向があります。
異物を踏んでパンクしてしまったり、経年劣化により、タイヤが損傷してバーストしてしまったりといった状態です。
これらは、ハンドルが急に取られるなど、事故の危険もある上に、走行もできなくなってしまいます。
こうした場合、自動車には応急タイヤというスペアのタイヤが標準装備されています。しかし、このスペアタイヤも、ふだんからメンテナンスを行なっていないと、いざという時に使用ができないといったことにもなります。
スペアタイヤは、普通のタイヤよりも幅などが小さくできており、その分空気圧を高めに設定されています。しかし、メンテナンスを怠っていると、この空気が抜けてしまうことで、スペアの用をなさなくなってしまいます。
このことから、定期的に走行用のタイヤだけでなく、応急用のタイヤの空気圧もチェックする必要があります。
また、こうした応急用のタイヤは、トランクルームに収められているのが一般的ですが、車両によっては、社外に装着されている場合もあります。こうしたタイヤは、その着脱方法が特殊なものもありますので、普段から取扱説明書をよく読んでおき、トラブル時にきちんと対処できるよう備えておくことが大切です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。