走行中・駐車時に分かること

2014.5.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

タイヤというのは、車の中で唯一地面と接している部分です。 ですので、タイヤトラブルに見舞われてしまうと、車の走行に多大なる影響を及ぼします。 そういったタイヤトラブルを未然に防ぐためにも、走行中や駐車をするときなどにわかることというのがあります。

まずは走っているときです。 まずはハンドルが取られるかどうかをチェックして見ましょう。 ハンドルから軽く手を離してみて、ハンドルが右や左に勝手に取られるようであれば、それはパンクをしている可能性があります。 すぐにストップさせてください。 また、運転しているときに、一定のリズムで音がすることがあります。 それは、タイヤの溝に石やガラスなどが挟まっている可能性があります。 それを放っておくと、パンクの原因になったりもします。 その音と共に振動がするようであれば、タイヤにフラットスポットが出来ている可能性があります。 摩耗が偏っていると、ゴトンゴトンというような音がするときがあります。

車を駐車させているときにも、チェックできます。 まずは空気の入り具合です。 手や足で押してみて、あまり入っていないとパンクの原因にもなります。 特に高速道路を走行する際には、普段より高めの空気圧にしておいてください。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。