タイヤの交換方法

2014.5.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

パンク等を起こしてしまい、スペヤ等に交換しなくてはならない事態になった場合の交換方法について解説していきます。ちなみに、これは非常時以外の交換方法も基本的に同じす。
まず、車載されているレンチを使ってホイールナットを緩めます。ある程度緩めたら、ジャッキを使って車体を持ち上げます。持ち上げた後、緩めておいたホイールナットを完全に外します。ホイールナットが全て取れたら、タイヤを外しましょう。そして、外したらスペア、もしくは新しい物に換えます。そして、ホイールナットを締めていきますが、この時ホイールナットの向きに気につけましょう。尖っている方が車体側になります。間違えて締めた場合、破損の原因やホイールセンターが狂ってしまう恐れがあります。そして、必ず対角線上にホイールナットを締めていきましょう。これは片側だけ締まりすぎて、曲がって装着されるのを防ぐためです。ある程度、締めたらジャッキを降ろして、完全にホイールナットを締めていきます。この時も対角線上に締めていきます。この時、体重をかけてしっかりと締めましょう。また、一度締めた後走行して確認するのも手です。ただし、レンチに飛び跳ねるようにして締めると締めすぎとなってしまいますので注意が必要です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。