タイヤトラブルを防ぐチェックポイント

2014.5.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

タイヤトラブルにはパンクなどの重大事故につながるようなトラブルもありますので、それらの危険性を事前に察知するように点検整備を怠らないようにしなければなりません。
このようなトラブルを事前に防ぐポイントとして、まずタイヤの溝の減り具合を見るようにしましょう。
タイヤの溝がかなり減っているようであれば、スリップの危険性が高まります。
スリップサインが見えているようであれば即交換するようにしましょう。
また、釘や石などがタイヤに刺さってしまうこともあるため、タイヤをよく見て異変が無いかを確認するようにしましょう。
釘や石が刺さった状態で走行しているとタイヤのパンクなどの危険性があります。
また、タイヤのメンテナンスもしっかりとするようにしましょう。
月に一度はタイヤにタイヤ用のオイルを塗ることで、ひび割れや破損などを防ぐことができます。
このオイルはタイヤなどのゴム製品専用に開発されたオイルで、ゴムにオイルが浸透し破壊することはありません。
一方で、誤ったオイルを選択するとゴムを侵食し、タイヤを破壊する可能性があるため、必ず専門の製品を使用するようにしましょう。
以上の点を気をつけておくだけで、タイヤのトラブルはかなり防ぐことができます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。