タイヤトラブルの種類

2014.5.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

タイヤに関するトラブルといえば、真っ先にパンクを思い浮かべるかもしれませんが、 タイヤトラブルはそれだけではなく様々な種類があります。 それでは、タイヤのトラブルにはどのような種類があるのでしょうか。

なんと言っても、一番は「パンク」ですね。これは何時でもどこでも、どれだけ気をつけていても、 起こってしまうトラブルの一つです。道端に落ちている釘などを踏んで、パンクしてしまうこともあれば、 縁石などでタイヤの側面をこすってしまいパンクしてしまうなど状況は様々です。

パンクはしていないのに、やたらとエアーが抜けてしまう。このようなトラブルもタイヤではよくあることです。 原因としては色々考えられますが、何かが刺さっていてそこから空気が抜けているパターンと、 エアーバルブが劣化していてそこからエアーが抜けてしまっているパターンなどがあります。

走行中にハンドルが取られるのも、タイヤが原因のトラブルであることが多いものです。 上述したエアー抜けが原因でバランスが崩れ、どちらか一方の方向にハンドルを流れることもあれば、 タイヤが偏磨耗しているためにバランスが崩れハンドルが流されることなどがあります。

最後にこれもよくあるトラブルがブレーキが利きにくかったり、雨天時にスリップしやすいと言った、 トラブルです。これはタイヤの溝が少なくなっていてタイヤの寿命が近い時に起きがちなトラブルになります。

タイヤのトラブルは様々あるのでいざ、どのようなトラブルがあるか知っておけば、 いざトラブルに遭遇しても冷静に対処することができるので覚えておくと便利です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。